ブログ

7月30日(土)の午後3時から板橋区の「ボランティア・NPO活動公募事業補助金」を活用した多文化支援員育成事業をオリエンテーションが開催しました。この事業は増加傾向にある団地の外国籍住民と日本人住民の架け橋となって地域コミュニティを共に築くキーパーソンとして中高齢者を主とする多文化支援員を育成するものです。募集定員は10名でしたが、募集から10日間で定員に達しました。この日は体調を崩された方、新型コロナウイルスの感染拡大を心配して欠席との連絡をされた方を除いた7名が参加しました。事前に、板橋区の担当者と今後の開催方法などについて協議を行いました。その結果、書面での開催も認めるとのご指摘もあったため、欠席された方には後日書面をお送りすることになりました。2023年3月末までスケジュールがぎっしりと詰まっているため、延期や中止はできませんので、なんとか工夫をしながら成果をあげたいと考えています。当日ご出席いただいた皆さま、お疲れさまでした。また体調を崩されている方は、どうぞお大事に。

7月30日(土)は第1回多文化コミュニケーション塾

公益信託 土肥記念高齢者福祉基金の助成を受けて地域の高齢者と外国籍住民が互いに助け合うことをテーマとして初級日本語教室及び多文化コミュニケーション塾を開催しています。日本語教室は毎週土曜日の午後2時から行っています。7月30日(土)午後3時30分から第1回多文化コミュニケーション塾を立教大学の野呂芳明さん(社会学部教授)をお招きして「都市社会学から団地再生を考える」についてお話を伺います。二丁目、三丁目団地にお住いの皆さまとお箸ができればと考えております。ぜひご参加ください。

1