ブログ

いたばしボランティアフェスタ・集いに参加しました

 

5月13日の日曜日、いたばしボランティアフェスタ・集いに参加しました。これまでフェアと集いは別々に開かれていましたが、今年からは同じ日に開催することになったものです。フェスタの会場には30を超えるボランティア団体が飲食の屋台で焼きそばやパン、手作りの物品を販売していました。高島平ACTは昨年に続き参加をしました。

屋台でフィリピン風の焼きビーフン(パンシット)、ココナッツジュースやバングラデシュの手工芸品などの販売を行いました。

会場にパンシットがなかなか届かず、お昼時の販売には出遅れましたが、淑徳短期大学ボランティアセンターの学生さん3人がお手伝いをしてくれたため、予想以上の売れ行きでした。

学生ボランティアの皆さんは、ほとんど休むことなくパンシットやココナッツジュースを売り歩いてくれました。本当にありがとうございました。

なお高島平ACTからは7名が参加しました。

またフェスタの最後に、前日行われた助成金の公開審査の結果が発表されました。23団体の応募があり、18団体に助成を行うことが決定しました。高島平ACTも多文化まちづくりのための連続講座で応募しましたが、助成を受けられることになりました。

前日の公開審査会では、高島平ACTのスタッフがパワーポイントを使ってプレゼンテーションを行いました。

いたばし総合ボランティアセンターの皆様、ありがとうございました。

今後も、高島平ACTは地域の様々な団体とつながりながら、活動を続けていきたいと考えています。

皆様の参加をお待ちしています。

 

吉成勝男