ブログ

2015.09.26 (Sat)  20:11

バングラデシュ視察

昨年から始まった立教大学大学院のプロジェクト型授業は2年目を迎えました。

2015年度も9月7日から11日まで9名の先生、大学院生でバングラデシュに行きました。

とくに今年度は移民送り出しの最大地域であるビクランプールで帰還移民の聞き取りを行ってきました。

高島平ACTからも立教大学の兼任講師である吉成勝男が参加しました。

ダッカから車で1時間余りのところにあるビクランプールでは、待ち受けていた帰還移民から大歓迎を受けました。

ダッカでもインタビューが行われ、今回のプロジェクト型授業が学生たちに大きな刺激を与えたことは間違いありません。

 

bikrampuru1.jpeg bangladeshkisyakaiken1.jpeg
ビクランプールにて帰還移民とともに 9月8日にダッカで行われた記者会見