ブログ

コロナウイルスは変異したオミクロン株に置き換わり、感染拡大が高止まりしたままです。加えて高齢者の重症化や死亡が増えており、完全に抑え込むことが困難な状況です。家庭内感染も多くみられることから、小さなお子さんを育てている受講者の方から心配する声が寄せられています。そこで日本語教室を2月19日からオンライン授業とすることにしました。一方で対面での授業を希望する方もおり、26日からは対面とオンライン授業を併用することにしました。会場である第4集会所にはWI-FI設備がなく、インターネット接続に苦労しましたが、前田先生の協力もあり、何とか40分の授業ができました。これからも感染状況を注視しながら、対面、オンライン授業を併用しながら受講者の皆さんが学習を継続したいと考えております。