ブログ

2016.02.10 (Wed)  19:03

三丁目ランチ倶楽部

毎月第一金曜日は、三丁目ランチ倶楽部です。

おいしいランチの後は宮武さんのウクレレを伴奏になつかしい唄をたくさん歌います。

締め括りは今年92歳になる岩間さんを中心としてフラダンスがあります。

とっても楽しいですよ。

毎月第一金曜日 午前11時30分から午後1時までランチと飲み物付きで600円。

2015.11.29 (Sun)  20:17

介護福祉士資格取得支援講座

介護職の最上位資格である、介護福祉士を外国人女性が将来的に取得することを目指した、「介護福祉士資格取得支援講座」を9月28日(土)より開始しました。

5名の定員に対し、10名の応募がありました。選考の上、5名のフィリピン出身の女性が受講をしています。

福祉の専門家である、南野奈津子先生(昭和女子大学人間社会学部福祉社会学科専任講師)に講師をお願いし、外国人が介護福祉士を取得できる道筋を考えています。本講座は、特定非営利活動法人APFSとの連携で行われています。また、独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業として実施されています。

12月26日の講座終了後には、クリスマスパーティーも予定しています。講座は2016年3月まで続きます。今後の展開にご期待ください。

2015.11.02 (Mon)  20:06

ECCジュニア英会話教室

ECCジュニア英会話教室

 

ハロハロでおいしいお料理を作ってくれている高島平ACT副代表の服部美果さんが地域の子どもたちを対象として4月からECC英会話教室を始めました。現在、教室では大人が2名、子どもが7名受講しています。

子どもたちには本物の英語を耳で聞き取り体で覚えてもらおうというものです。

10月30日にはハロハロでハロウィンのパーティーを開いた後に「お菓子をくれなければ、いたずらしちゃうぞ」と商店街を回り、お菓子をもらっていました。

サカエストア、黒田水産、肉のタイヘイの皆様、ご協力ありがとうございました。

 

kurodasuisan1.jpeg 

黒田水産さんの前は大勢の子どもたちで

 いま、全国のいたるところで認知症カフェが設立されています。

高齢化社会の進行と認知症の方の増加を受けて地域でできることは地域でを合言葉に始まったものです。

高島平も住民の4割が高齢者となっており、認知症も他人ごとではありません。

高島平ACTは外国人住民の支援と多文化共生社会を築くことを目的としていますが、外国人住民も含めて多様な方々に利用していただこうと認知症カフェ「ハロハロ・オレンジサロン」を10月1日から始めました。

オレンジサロンは毎週木曜日の午後2時30分から4時までです。

1カ月に一度は専門家によるミニ講座か専門家相談会があります。

10月29日にはハロハロ・オレンジサロン」「の連携医でもあるやまと診療所の安井佑先生から在宅医療についてのお話を伺いました。

そのほか、毎回参加者に話題提供をしていただき、和やかな雰囲気の中で「ハロハロ・オレンジサロン」は開かれています。

皆様のご参加をお待ちしております。

詳細は、高島平ACTまで。

2015.09.26 (Sat)  20:11

バングラデシュ視察

昨年から始まった立教大学大学院のプロジェクト型授業は2年目を迎えました。

2015年度も9月7日から11日まで9名の先生、大学院生でバングラデシュに行きました。

とくに今年度は移民送り出しの最大地域であるビクランプールで帰還移民の聞き取りを行ってきました。

高島平ACTからも立教大学の兼任講師である吉成勝男が参加しました。

ダッカから車で1時間余りのところにあるビクランプールでは、待ち受けていた帰還移民から大歓迎を受けました。

ダッカでもインタビューが行われ、今回のプロジェクト型授業が学生たちに大きな刺激を与えたことは間違いありません。

 

bikrampuru1.jpeg bangladeshkisyakaiken1.jpeg
ビクランプールにて帰還移民とともに 9月8日にダッカで行われた記者会見
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...