インフォメーション

2021-10-31 20:07:00

高島平ACTスマホ教室

10月23日、30日の二日間にわたりスマホ教室が開かれました。定員4名の公募に対して8名の方が受講を希望しましたが、先着順で4名の方に参加していただきました。23日には中国籍の李さんが講師となり、日本語教室の生徒である沙さんがサポートしてくれました。また淑徳高校の生徒2名がボランティアとして参加しました。スマホ教室の生徒は70歳を超えたおとしよりで日頃からスマホの扱いに慣れていない方ばかりでした。今回のスマホ教室は土肥記念高齢者福祉基金の助成を受けて行われており、日本の高齢者が外国籍の方に日本語や日本の文化を教え、外国籍の若者が高齢者にスマホなどを教えるというものです。地域の活性化にとって高齢者ばかりでなく地域の外国籍住民の力を借りる必要があります。今回の事業をお通して地域の結束性をさらに強めていきたいと思います。次回のスマホ教室は11月20日及び27日です。受講を希望する方はお早めにご連絡をください。なお、スマホ教室開催ではいたばし総合ボランティアセンターの飯野さんの世話になりました。あらためて御礼を申し上げます。